医療用ウィッグとファッションウィッグの違い

医療用ウィッグとファッションウィッグとでは、目的に微妙な差があります。医療用ウィッグはより自然な状態の髪を演出するために使用されるのに対し、ファッションウィッグはその名の通り、ファッション感覚で付けたり外したりするものです。医療用ウィッグは見た目の自然さを追求するために人毛が用いられていることが多いですが、一方でファッションウィッグは色合いも微調整が可能な人工毛が素材に選ばれていることが多いという特徴があり、それぞれ価格帯も異なります。やはり人毛を素材にしている医療用ウィッグは高価で、10万円前後の価格になっていて、少々高くついてしまうのがネックです。人工毛は化学繊維によって作られていて、そのため量産も可能で価格についても安く、1万円から5万円前後の商品が目立つという特徴があります。

ファッションウィッグの価格の安さは確かに魅力的ではありますが、人工毛だとどうしても見た目の自然さが損なわれてしまうものですので、これはデメリットと言えます。どちらも一長一短ですが、医療用ウィッグの方が付け心地も良いため、病気によって脱毛の悩みを抱えている人にはこちらがおすすめと言えます。価格が高い分、付け心地も自然さも軍配が上がるというわけです。

ˆ Back To Top